COMPANY

丸モ高木陶器グループ 概要


 

業務用食器開発グループ

〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町1丁目13-1

TEL 0572-22-3810

FAX 0572-24-1336

e-mail century@plum.ocn.ne.jp

URL http://marumo1887.com



国内最大級の業務用食器ショールーム完備

〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町1丁目12-1

TEL 0572-24-5353

FAX 0572-24-5355


(有)たかぎ工芸


21M上絵用キルン(窯)・無鉛焼成用18Mイングレーズキルン・単独キルン完備

〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町1丁目13-1 本館3F

TEL 0572-22-3810

FAX 0572-24-1336


history

1887年 マルイ商店として盃を販売
1945年  : 

終戦後、上海から引き上げて、産地問屋として再興 

1980年 :  資本金1000万円で会社組織 
1990年  東京の宮内庁御用達の陶磁器店経由で即位の礼の器を納める 
市之倉焼が認められ、宮内庁の要請で湯呑、取皿、飯器、蓋物、前菜皿を製造。
天皇即位の礼

天皇の即位の礼と大嘗祭が行われましたが、その際に招かれた人たちの為に使われる食器の一部が、宮内庁の要請で多治見市内の製陶会社が製作をしました。昭和27年の現天皇の立太子式の時も、市内の製陶工場で湯呑を焼き、宮内庁に納めている。この為、今回も食器の注文があったことは、東濃地方の製陶技術がいかに高く評価されているか裏付けているーと、地元関係者を喜ばせている。【平成2年度10月20日 中日新聞より】

1992年   新社屋を建設、上絵用飾トンネルキルンを設置し、たかぎ工芸を稼働
1993年 販売会社センチュリーを子会社化
1997年 センチュリーの事務所、ショールーム、倉庫を当社施設内に建設移転

2002年

21M下絵用イングレーズキルンを増設
2006年 第2ショールーム増設、石膏ギャラリーを併設。ショールーム面積300坪
2013年 地元市之倉に うつわの店たかぎを新設
2014年 海外事業部発足で香港、シンガポールへの展示会に出展
2015年 日本の和食を紹介するプレミアムカタログ 旬 の発刊
    3月東京和食産業展、8月香港フードエクスポ・東京ビックサイドへの出展